記事一覧

変態仮面

まいどどーもゆきむらです

なんか変態仮面2アブノーマルクライシスを見てました。
一応1も見ていまして、あの漫画をこういう風に実写にしたんかーと思ってました。

今回もいい感じにぶっとんでます。
自分は基本的に邦画は嫌いだったりするのですが、特にこれは拒否反応なく見れてます。
原作がわりと好きなことと、マーヴル系の演出が多いから、とかなのかもしれません。
変態仮面がビルの合間を飛び回る姿はスパイダーマンのそれですね。
眼の形状も似ているし、多分どこかで繋がりがありそうです。

ちなみになんで邦画が嫌いかというと、特に昔のは終わり方がすっきりしないものが多かったから、というのがあります。
物語としては面白いのでしょうけど、エンターティナーとしてはハリウッドみたいな勧善懲悪的なほうがわかりやすいです。
ハッピーエンドにしろというわけではないですが、映画見て読書感想文を書かされるようなエンドはノーサンキューです。

閑話休題

アブノーマルクライシス、何がどうクライシスなのかと思ったら、どうもパンツがなくなって変身できなくなるという感じらしいですね。
そのあたりは修行で乗り切れるようになり、ヒロインを取り戻してハッピーエンド、でもなんか続編ありそうな終わり方、という感じなので多分次もあるのでしょう。

CGや殺陣は結構凝ってて、攻撃を受けた時に出る白い煙のようなエフェクトとかカッコイイです。
一昔前なら違和感ばりばりなエフェクトが、違和感なく使われてるというのは技術の進歩を感じます。
まぁこのあたりは仮面ライダーとか戦隊モノでもそうなので、CG技術の発達なのでしょう。
物語もわりと緩急があり、テンポ的にもダレなかったです。
あんまり小さい子には見せれない内容ですが、エンターティナーしてました。

続編ありそう、と思ったんですが、ヒロインの人って出家しちゃった人なんですね……あんまタレントの名前覚えてないので、調べてびっくりしました。
まぁ向き不向きもあると思うんで、ある意味しょうがないのかもしれません。
なお何があったかとかは調べてないです(。ω。

三連休は色々インプットできたよーな気がするので、明日から本気出したいと思います(ダメフラグ

それではまたー

バハムートアニメ

まいどどーもゆきむらです

バハムートGENESISを見てました。
なんか最近アニメづいてる気がする。
まぁあれです、ストーリーの作り方というか、演出や脚本を勉強するという名目で。

新作かと思ってたら以前放映されてたのが関西圏でもやりはじめた、という感じらしいですね。
なんか普通にdアニメストアにありました。

初見では主人公アフロかよ、イデオンかこれ、とか思ったりしました。
そして主人公の相棒?的なキャラもリーゼントで、全体的に受けなさそうなキャラデザだなぁと感じてました。

チェンクロやグラブルを見た後に視聴したんですが……

なんやこれ、滅茶苦茶良く動くじゃないですか。
剣戟シーンとかやばいですね、チェンクロもすごかったですけど、これも負けてません。
キャラデザがほんとあかんなぁと思うんですが、見てると表情豊かで、これはこれでこの絵柄じゃないと出せないな、という気になってきます。そこまで計算された上のキャラデザかもしれません。

お話的には王道的な感じといいますか、ぶっちゃけゲームの設定を借りたオリジナルストーリーですね。
所謂世界を破滅から救おう、みたいな感じの展開です。
王道ながらも捻るところは捻られてるので、面白いです。
作画がいい、というのは見ていてテンポがいい、にも通じるところがあり、間の取り方が秀逸です。
正直25分があっという間に過ぎる感じです。
どーも最終話あたりにジブリスタッフが参加しているとかで、なるほどそんな感じの動きをしているなぁと思いました。
すげー。

この主人公あかんなぁと最初思ったりもしましたが、なんのことはなく、ルパン三世を思い起こしてもらえれば近いかなと思います。
多少おちゃらけてるところはあっても決めるところは決めるみたいな感じで、今は逆にあんまり見ないタイプかもしれません。
ライバル的なキャラも堅物かと思いきやそこまで堅物ではなく、スマートでカッコイイです。
劇中の絡みを見ていると結構キャラが練られてる感じを受けました。

終わり方が少々あっけないかなと思いましたが、2期もあるみたいなのである意味納得です。
伏線もしっかり張られてるので、上手いなぁと思いました。

とまぁ、あんまり日本では人気ないみたいですが、王道ファンタジーということで海外ではそれなりに人気だそうです。
確かにこれだけ動いたらウケるな、と思いました。
市場的に日本をあまり狙ってないというのは、ソシャゲで展開しているからかもしれませんね。
これもまたビジネスの嗅覚なのでしょうか。

一個だけ気になったところとしては、バハムートを封印するのは別にいいんですが、その結界の維持に大量の人員(天使)を導入しているところでしょうか。
鍵が収まれば結界を維持しなくてもいいのであればいいのですが、そうでないとなんかこう、今日も結界を張る仕事がはじまるお、というイメージが出てしまいました。
鍵がなければ復活しないのであれば封印を維持しないといけないってのもなんかこう順番的に逆なんでは、と思っちゃったところもあります。
まぁ些細なことですけどね。
ともかくファーストビジュアルで損をしている感じはありますが、ファンタジー好きなら見てて飽きないかなと思います。

それではまたー

チェンクロあにめその2

まいどどーもゆきむらです

そんなわけでチェンクロアニメを放映分見ました。
展開的には十分面白いですが、やや駆け足というか説明不足というか、そのあたりが少し気になりました。
まぁ結果的にそうなるだろうな、というところなので不自然さはないのですが。

それでも重要というか見せ場の部分では背筋が震えるのは単純に年を取ったせいか。
なんかこう、壮大な場面でふさわしい演出をされると、それがお約束の展開とかどうでもいいくらいにグっときますね。
本能的にそういうのを求めているということなのでしょうか。
エンターティナーなんだから楽しめたほうがいいです。

しかし新キャラが出るのはいいんですけど、どうも扱いが不遇な気がします。
もうちっとそのキャラが居ないと成立しないくらいにしたほうがいいんでないかなぁ……
どうせアレンジするのであれば。
そもそも13話(だと思うんですが26話あったらこの限りではない)だとキャラクター紹介しておおきなエピソード2本くらいが限界だと思ってるんで、壮大な展開にすると尺が全然足らない気がします。
なので、前述の駆け足さが出てるんだとは思いますが。

自分はわりと、この最中に敵は何をしていたんだろう、とか考えてしまう性質なので、そのあたりがかっちりはまってくれたらもっといい感じになるのかと思います。
もちろん本来はそんなの気にしてもしょうがないんですけどね。

とりゃーず結構楽しめているので、どういうEDになるのか楽しみです。


そういえばモンハンXXが発売してたと思うので、とりあえず明日あたりでも手に入れてこようかと思います。
プレイする暇があるかどうかはまた別ですが。

それではまたー

ちぇんくろアニメ

まいどどーもゆきむらです

チェインクロニクルのアニメを見始めました。
どういう話にするんかなぁと思ってましたが、最終決戦で負けたことになってるみたいです。
その後再起するような感じなのかな?
今のところまだ3話くらいしか見てないのでわからないのですが。

ゲーム原作のアニメだと展開もゲーム準拠っぽくなるのかなーと思ったんですが、キャラクターを追加して設定を利用しつつも別な話にするというところになったみたいですね。
キャラクターの説明がすごく中途半端というか、ぶっちゃけ無いに等しいのはゲームをやってる人に見てもらいたいという感じなのかなぁ。
あのキャラがこんな作画に!ってのはなかなか面白いです。
アルドラとヴォルグが一緒に出てきたりは結構ニヤリですね。
ただヴォルグがなんか優男っぽいので、もう少しガッツぽくていいんじゃないかなぁと思いました。

そしてアニメーションのレベルは結構高いです。
このあたりはマネーパワーでしょうか。
abemaTVで先行公開されたグラブルのアニメも動きがすごかったので、ソシャゲマネーすげぇ!と思います。

たまにキャラの描写が変なことはありますが、それは気にしてもしょうがなさそう。
気になるとしたらストーリーですが、うーん、展開が読めないというかなんというか。
どのあたりを楽しませるものなのか、というのはさっぱりわからないですね。
設定がある分、それを使わないといけないところと、それゆえにできる展開ってのがあると思います。
ので、ゲームやってる人はほんと、こういう展開かーってのは楽しめるのかもしれないですが、自分はこれ結局何を言いたい話なんだろう、という感じになってます。
まぁ別に最初からテーマが分かる必要はないので、1作1作続きが気になるつくりになっていれば問題はないと思います。
果たして原作をただなぞっただけなのか(実際かなりもう離れてますが)、それともしっかりお約束の展開をしつつ楽しませてくれるのか、楽しみにしておきます。

それではまたー

このすば

まいどどーもゆきむらです

熱出してた時に今期の日常系(?)のアニメは放映分-1話見たので、前から見ようかなーと思っていた「このすば」を2期から見始めました。
元々チェインクロニクルでもコラボしてて、その時の歌が良かったなぁというところで興味が出てきた感じです。
わりと自分はこういうコラボ関連からひっかかることが多いので、ある意味ちょろいです。
まぁ楽しければいいよね、的な。

1話目はなんかこうすごくライトなお手軽ファンタジーという感じで正直「?」って感じでしたが、3話目くらいから面白くなりました。
というかなんだろう、テンポがとてもいい。
主人公の鬼畜っぽいツッコミとかあれど、なんかそこまでひどいものではなく、許容できる範囲ということもあるのかも。
仲のいい友達感覚の日常漫才系としてはかなーり面白いですね。
キャラも特徴的ですし、それを良く活かしていると思います。
あとわりと作画というか、描写が細かい。
普通ならカエルの唾液?にまみれても次のシーンでは元に戻ってる感じだと思うんですが、このすばではしっかり濡れたままです。
エロい、という想像もできますが、それをしっかり後々まで活かしているのはすごいなぁと思いました。

とりあえずこう、製作者の愛というかこだわりを感じるので、この姿勢は見習いたいところです。
自分としてもテンポのいいセリフの駆け引きは好きなのですが、どーにも頭が固く自分では作れないので、このあたり上手い人はうちでも活かしてもらいたいところですね。

そんなこんなでdアニメストアでやってる分は見ておこうと思います。
あとアニメ版チェインクロニクルも歌が良さゲなので早く見たいところ。

ただゲーム版のデザインそのままでないところがなんかこう、パチモンくさいのが見るハードルが高くなっちゃってますね。
もちろんアニメで動かすにはある程度簡略化したデザインにしないとあかんのですが、どーも元絵を知ってるだけに違和感が……。
このあたりはクオリティの比較的高いグラブルのアニメでもそう思いました。
とは言いつつ見ないのももったいないので、三連休とかで見てみようかと思います。

それではまたー

けものフレンズ7話

まいどどーもゆきむらです

ちまたで話題のけものフレンズですが、ようやっとdアニメストアでも7話が公開されてたので見てみました。
主人公がヒトというところである意味予定調和ですが、どういう展開になるのかはまだまだわからない感じです。

というのも、これこれこんなことがあったんで絶滅したんだよーとなっても、それは単なる設定であり、その結果物語がこうなる、というところがまだ予測不可能だからです。

例えば実はヒトは生きていた、とかになるとフレンズ達とはどうなるのか、というところで落としどころが見えません。
絶滅した原因を突き止めた後、セルリアンを倒してパークが平和になってそのまま仲良く暮らす、というのもアリっちゃアリですが、まぁ王道すぎて逆にないのでは、と思います。
上記二つ以外だと……実はこれは夢の中の出来事でした、みたいなのがまぁすっきり終わりそう。
一転してフレンズ含めて絶滅エンドというのもありえなくはないですが、毛色が違いすぎてなさそうな気がします。
実はパーク自体は宇宙船の中できたるべき新天地での生活の前の予行演習とかももしかしたらあるかもしれませんが、多分なさげ。

とまぁ色々考えれますが、いまいちどれもすっきりしないというのが実情です。

まぁ、何も考えずに最後まで見るのがいいかなーと思う次第。

あとは『このすば』をちょっと見たくなったので、適当なタイミングで視聴開始しようと思いました。

それではまたー

何故か今更Gレコ

まいどどーもゆきむらです

なんかロボットアクション的なものを見たくて、何故かGレコをちょこちょこ見てます。
そして思うのは……うん、やっぱ話わからん(。ω。

どんな話なのかというのは知ってるし、大体の背景事情もわからなくはないんですけど、それでも説明不足だなぁと思います。
ただ、場面場面の描写はすごく丁寧だなぁと思います。
なんか映画みたいな感じ。

下手に26話とかじゃなくて、半分くらいにしたらわかりやすいのかもと思ったりしましたが、うーん、これこんな話をしたい、とかをするには主人公の動機が
弱すぎるので、やはり難しそうな気もします。
多分色々なところを旅させて世界を知るみたいなことをしたいとは思うんですけどね……

キャラを見る限りは設定がすごくしっかりしててやはりすごいなぁと思うのですが、所属というか関係ってそんな簡単に変わるのかなぁとか、変わるにしても何があって、とかが必要で、それを描写する為に物語があるのではないかなぁという気はします。

どうもそのあたりが上手く語られていないというか、設定ありきで展開していないかなぁという感じでした。
色々旅をしつつ巻き込まれるくらいの設定でやってるならいいんですけど、なんかわりと中心的なところになっちゃってるようで、SEEDのラクシズみたいな感じがするのもあかんのかもしれません。
どっちかというとターンA的かもしれませんが。

とまぁ色々ありますが、映像と動きのクオリティはほんとすごいです。
あと妙なノリの良さ(特に音楽)があるので、視たら元気になるってのはそうなのかもしれません。

このあとにユニコーン見ると、同じ題材(だと思ってますが)でもやはり物語があると見せ方も変わってくるのかなぁと思いました。

それではまたー

けものフレンズ

まいどどーもゆきむらです

巷で噂のけものフレンズを見てみました。
ニコニコだと1話無料なだけですが、dアニメストアだと今のところ全話見れます。
流石月額課金!
昔は地方だったので放映していないテレビもありましたが、今はこういう配信サービスで見れるので助かります。
abemaTVもあるしamazonプライムビデオをあるし、良い世の中になったものです。

さて中身と言えば、わりとほのぼのなドタバタ劇、かと思いきや、そうではない冒険ものでした。
おおきな謎があるのでそれがどう明かされるのかというのが気になります。
良くネタになってる話し方も、そんなに頻繁に出てくるわけではないので、喋り方を聞こうと思ってたら普通にスルーしてしまうくらいでした。
あれを拾ってくるってのはある意味ちゃんと見ているんだなぁと思います。

何も考えずにゆるりと見れる、日常系の側面を持っている形なのかもしれません。
よく比較には学校ぐらしが出てきますが、あれは閉鎖空間の中だったのであまりこう広がる要素が見えませんでしたが、これはどこそこ(図書館)に行くのが目的であり、その途中で様々なエリアを通る、という展開があるので、ある意味わかりやすいです。
しかも次出てくる動物も次回予告で出てきますし、ほんと安心して見れる感じですね。

基本的に出てくるキャラが全部いいキャラなので、不快な要素もないです。

元となるソシャゲはサービス終了していますし、これが売れても再スタートはないという話です。
なんというかこう、何故これが今放映されているのか、大人の事情がとても気になります。

これがないと生きていけない!というレベルではないですが、これ面白いから絶対見てよ!というものでもない感じですが、前述したように謎があるので、そこまでは見てみたいと思います。
上手い見せ方ですね。
しかもところどころでそれを知っているという描写をしているのが、更に不思議さをアップさせます。
OPの明るさやEDの廃墟感は、最後まで行ったらわかるんだろーなーと思います。

オルフェンズ見た後だと癒されることは間違いなさそうです。

それではまたー

落第騎士

まいどどーもゆきむらです

abemaTVでなんか放送してたのでBGM代わりに見てみたんですが、その時間までだと6話までしか配信してませんでした。
なので、次の日に続きが気になったのでdアニメストアで更に見てみた次第。
ないアニメも多いけど、時々役立つdアニメストア。

どーも何故か父親(家族?)に疎まれている主人公が、魔道騎士を目指すお話っぽいです。
色々な妨害をされつつも、騎士を目指す大会で優勝するのが目的って感じ。
確か同時期に放映していたアスタリスクとヒロインが被っていたとかでネタになっていた記憶が。

お話的にはわりとオーソドックスな、元々ある程度強かったけれど認められていなかった主人公が敵を色々倒していくよーな感じで、ある意味王道。
俺つえー系かなぁと思っていましたが、まぁその気はちょっとあるけれど、思ったよりもマイルドに気にはなりませんでした。

1話で主人公が、天才と言われていた留学生であるヒロインのステラを模擬戦とはいえ倒してしまうのが、お約束といえばそうなんですが、やはり熱い展開。
このヒロインのステラがまたポンコツ可愛いというかなんというか。
ある意味チョロインな気がします。
照れたりするところも素直じゃなように見えつつ実は素直だったり、自分がエッチだと自覚していたりと可愛い。
主人公の妹も主人公が好きとか言ってきて、ラブコメな展開にはなりますが、そこまで強く絡んでくるわけでもないのでさっくり見れますね。
展開的にひっかかるところがないわけではないですが、基本的に安心して楽しめました。

何より作画が安定しているので、魔装学園HxHにも分けてあげて欲しいところ。
多分キャラクターはこっちのほうがしっかりしている気がするので、素直にエロかったです。

すぐ照れるステラが可愛いなぁと思うので、やはり恥じらい重要だなぁと思いました。

それではまたー

魔装学園

まいどどーもゆきむらです

あっというまに正月休暇が終わってしまうのであと一週間くらい休みたいところです。
なんというか最近ストレスを感じるとすぐに腸に来るのがやばし。
トイレの住人まっしぐらです。

そんな中でそういや見ようと思って見てなかったな、と思い出して、魔装学園HxHを見てみました。
HxHと言ってもハンターハンターではないのがミソ。
見てる感じはHでパワーを回復するという、あれ、どっかで見たことある設定だなぁという感じの学園バトルモノです。
多分、これに実際のエロを入れたりしたら自分の考えてる系のゲームに近いのかもしれません。

HxHはおっぱい揉んだりしますが、なかなか音量に注意です。
あと結構乳首が見えてるっぽいですが、地上波バージョンは自主規制により隠されてます。
股間を弄ったりすることもあるっぽい。
これもしかしてBDだとこのあたりの隠されてるところがオープンになったりするのでしょうか。
もうちょっとがっつりやってくれたら下手なエロゲよりも抜けるかもしれないですね。
動くのと声があるのはかなり大きなアドバンテージです。

話的に面白いのかといえば……うーん、かなり微妙というかなんというか。
真面目にバトルモノやろうとするとHで回復ってちょっと空気が微妙になります。
正直エロハプニングくらいならいいんですが、話の根幹に取り込もうとすると相当大変だと思いました。

あとはまぁ、原作に忠実なのかどうかはわからないのですが、ぶっちゃけテンポ悪いです。
後、重要な説明がされていないので話に入りにくいというかなんというか。
世界がどうなっているのかとか、何故この人達は戦ってるのかとか、そういうところが置き去りになっているとあんまり楽しめないタイプになってしまったようです。
ストーリー的には王道なので、盛り上がりもあったりするんですけどね。
この若干消化不良感を楽しみつつ、エロを見るのであればいいのかもしれません。

通常兵器が効かないとか言いつつ学園の人達が小銃で立ち向かってるとかは正直謎です。
このあたりは設定的な詰めか、描写的なところが甘いのかなぁと思います。
尺が足りないのか、それとも単に予算が足りないのかはわかりません。
たまに作画崩れたりするので予算のほうの問題で脚本に影響しているのかも。

多分作品への没入感として必要な要素が、そういうところなのかなぁと思った次第です。
まぁまだ半分なのでどう終わるか見てみたいと思います。

それではまたー

ページ移動